返済方法は選べるの?

全額を一括で返済できる

少しお金が足りないときに利用すると便利なのがカードローンです。金融機関などで口座を作っておけば、借りたり返済したりができるようになります。期限内にきちんと返済をしていれば、催促もされず使い続けられます。カードを作るだけで使わないでいても問題ありません。カードを持っているだけで手数料がかかるわけではありません。では、返済したいときにはどんな方法があるかですが、最もシンプルなのが元利一括返済でしょう。お金を借りればその分の利息が発生します。元金と利息を一緒にすべて返済する方法になります。コンビニのATMなどを利用すると簡単に返済できますし、金融機関の振込サービスの利用も可能です。手数料がかからない方法をとるのが良いでしょう。

毎月一定額を返済する方法

お金を借りる時、少しだけ借りる時と少し多めに借りる時があります。通常は、生活費が少し足りないときなどに利用します。それ以外に、冠婚葬祭などで急に必要になって借りる時もあります。生活費を少し借りるぐらいなら金額も少ないので、すぐに返済できます。しかし、冠婚葬祭になると数万からそれ以上かかってしまい、返済に困るかもしれません。カードローンの返済方法として、毎月一定額を返済する方法があります。1万円や3万円と決めておけば、毎月の返済額はずっとこの金額になります。もちろん借りたお金はずっと残るので、その分利息が多くなりますが、まとめて返済しないといけないわけではないので、返済に追われません。余裕があるときにまとめて返済なども可能です。