すぐにできるカードローン借り入れ診断とはどのようなもの?

審査基準は金融機関によって異なる

カードローンの借り入れ診断とは、ウェブ上でスピーディーに審査に通る可能性があるかどうかを確認できるお試し診断ツールのことです。「3秒チェック」「10秒診断」など、金融機関によって名称はさまざまです。借り入れ診断の入力項目は年齢、年収、勤続年数、勤務形態、保険証種別、他社借入状況などがありますが、入力項目は金融機関によって異なっています。年収と他社からの借入件数・金額を入力するというケースが多いでしょう。
借り入れ診断に通ったとしても、必ず審査に通るわけではありません。借り入れ診断では審査に通る可能性があるかどうかが見られています。むしろ、申し込みをしても審査に落ちる可能性が高い人が無駄な申し込みをせずにすむという役割のほうが強いという意見もあります。

審査への申し込み前のチェックポイント

借り入れ診断については利用をしてもデメリットはいっさいありません。簡単な入力で3秒くらいで結果が出るので、時間や手間もほとんどかかりません。正式に申し込みをしてしまうと、個人信用情報に記録が残ってしまうというデメリットがあります。1回や2回の申し込み記録が信用情報に残ってもそれほど大きなデメリットとはなりませんが、何回も繰り返していると申し込みブラックになってしまう可能性があります。借り入れ診断をうまく利用をして、審査に通るかどうかをチェックしておきましょう。
借り入れ診断に通ったなら、審査に通る可能性があるということです。審査では総合的な属性が見られるので、借り入れ診断では入力をしなかった項目については自分で確認しておきましょう。審査に落ちる原因として多いのが過去の延滞です。過去1年でクレジットカードの支払いなどで何度も延滞をしている人は審査落ちの可能性が高くなります。